お知らせ

関市洞戸地区のキウイの収穫にシニアボランティアが活躍しています

2019.11.05JAめぐみの

関市洞戸地区のキウイの収穫にシニアボランティアが活躍しています

JAめぐみの管内で、岐阜県内一の生産量を誇る関市洞戸地区特産の「洞戸キウイフルーツ」の収穫が始まっています。11月5日から出荷が始まる予定です。

10月下旬には、ほらど未来ファームの神山博和さんが管理する約10アールのキウイ畑で、関市高齢福祉課による生涯現役プロジェクトの一環で、60~80歳の男女9人がJAめぐみの職員の指導のもとボランティア活動を行い、約2時間かけて約1万玉を収穫しました。

2018年から地場産業で人手不足の農家を対象にボランティア活動が始まり、関市上之保地区特産の「上之保ゆず」の収穫作業も手伝っています。

神山さんは「後継者不足の問題で猫の手も借りたい状況。短い時間で丁寧に作業をしてくださりとても助かった」とお礼の言葉を述べ、参加者は「貴重な体験ができ楽しかった」「自分たちが収穫したキウイが市場に並ぶのが楽しみ」と話しました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ぜひ、この記事をシェアしてください。

お知らせ一覧へ